会陰部オナニー 会陰オナニー やり方 方法

会陰オナニー(会陰部オナニー)とは

会陰オナニーとは一体どんなものでしょうか?

 

まず、会陰とは男女共に性感帯となる部分の事で、金玉と肛門を一直線に結んだ時のそのちょうど真ん中辺りを指します。

 

会陰は別名「蟻の門渡り(ありのとわたり)」とも呼ばれており、会陰自体も精力・免疫力の「ツボ・反射区」とされています。

 

また、蟻の門渡りと言われる様になったのは、金玉と校門の間にある「陰嚢縫線」と呼ばれる線が由来となっている様です。

 

その会陰部分に刺激を与えて、最終的に射精に導く事が会陰オナニーです。

 

それでは次に、会陰オナニーはどうやってやれば良いのか?を見ていきましょう。

会陰オナニーのやり方・方法とは

まず最初に頭に置いておいてもらいたい事が「会陰部分だけを刺激する事」によって射精したり、ドライオーガズムに達したりする事はほとんどありません。

 

会陰を刺激する事によって、ムズムズしてきたり、勃起したりする事は十分にありますが、相当に開発でもされていない限りは絶頂に達する事は難しいです。

 

なので、会陰はあくまでも乳首の様に、ペニスを触るオナニーのサポート部として活用していく事が大切です。

 

次に具体的な会陰オナニーのやり方・方法ですが、これまた単純です。

 

会陰オナニーを始める体制としては、M字開脚をしたり、四つん這いになったりする方法がポピュラーですが、リラックスした状態で会陰部を触れるのであれば、どの様な体勢でも問題はありません。

 

次に体勢が整ったら、金玉と肛門の間の部分を乳首を触るように優しく刺激を与えていきます。

 

始めは、表面を撫でるように触ったり、優しく押してみたりと、あまり強すぎない刺激を与えましょう。

 

この時に注意しておきたいのが、デリケートな部分なので、ギュッーと指で押したりと、強い刺激を与えない事です。

 

あくまでも、優しく丁寧な刺激を与えていきましょう。

 

時間が経つにつれて、肛門付近からムズムズっとした快感が沸き起こってきます。

 

そのまま、そのむず痒い様な快感を楽しんでも良いですし、同時に空いた手でペニスを触り始めて、射精に導いていっても良いです。

 

会陰オナニーを続けるとドライオーガズムを迎える事が出来るのか?

ドライオーガズムに関する情報が色々とある中で、「会陰オナニーでドライオーガズムに達する事ができる」という様な記事も見かけた事があります。

 

しかし、会陰オナニーだけでドライオーガズムに達するのは相当至難の業と言えるでしょう。

 

ドライオーガズムに関しても、会陰部刺激は乳首と同じようにサポート部分であり、メインは肛門内の前立腺刺激となります。

 

ANEROS SGX (アネロス エスジーエックス)
ANEROS SGX (アネロス エスジーエックス)

そもそもエネマグラでは、肛門内挿入と共に、自然に会陰部に引っ掛け部分が当たります。

 

その為、会陰に関しては自分で触る必要がなくなります。

 

会陰オナニーをする時にお勧めのグッズとは

ハンディマッサージャー
ハンディマッサージャー

お馴染みの電マです。

 

ペニス・乳首に快感を与えてくれるだけでなく、会陰オナニーをする時にも十分にその性能を発揮してくれます。

 

使い方は簡単で、会陰に当てて電源を入れるだけでOK!

 

ただし、肛門付近が汚れているかもしれないのでw
使う前には、肛門付近をウォッシュレットでも使って綺麗にしておきましょうw

 

カンガルーマン
カンガルーマン

ちょっと面白いのが、このアイテムです。

 

ペニスに装着するコックリングが元になっているんですが、その根元が会陰に当たる様にローターが装着されています。

 

装着方法も簡単で、一度付ける事ができたら、二度目からはスムーズに取り付ける事ができます。

関連ページ

会陰オナニーと会陰マッサージの違いとは
集えオナニスト!オナニーに関する総合情報サイトです。小道具を使ったり、持ち手を変えてみたりw普通のオナニーから、超気持ちが良いオナニーのやり方を解説。充実したオナニーライフに乾杯。