オナニー,腰振り,腰を振る,やり方,方法

オナニーで腰を振る必要がある時ってどんな時?

今回の記事で紹介している腰振りオナニーは男性向けの記事になります。

 

決して、可愛らしい女の子がバイブ・ディルドを固定しておいて、腰をフリフリしながらするオナニーの事ではありませんのでご注意をw

 

 

普通の手でするオナニーでは腰を振ることってほとんどありませんよね?

 

それでも、腰を振ってする腰振りオナニーってのが存在しているんです。

 

自分から動いてするオナニーは、手を使ってゴシゴシとシゴくオナニーに比べて、セックスにとても近いものだと思います。

 

しっかりとセッティングをして、上手にAVを利用するなどして、視覚的な興奮を得る事ができれば、射精時の快感もしっかりアップします。

 

そんな腰振りオナニーのやり方・方法を解説していきたいと思います。

 

どうやって腰振りオナニーをするのか?

私が一番初めに腰振りオナニーをしたのはあの時のあのオナホですね・・(遠い目)

 

NASAが開発されたとされる素材を利用した柔らかいお尻系オナホールを使っていました。

 

当時で確か1万円ちょっとはした様な記憶があります。

 

しかし、なんとそれが二穴使う事ができる優れものだったんです!!
しかし今となってはどのオナホだったのは定かではありませんがw

 

ぷにふわもっち2000
ぷにふわもっち2000

ちなみに、こういうタイプの女性の下半身タイプのやつです。

 

ほぼ実物大サイズになっていて、挿入した時のペニス周辺に当たる感触もリアルに再現されています。

 

これにテーブルなどを利用して、自分の腰の高さにセッティングをして、ひたすら私がオナニーするたびに、お尻にパンパンと腰を打ち付けてやりましたw

 

いやぁ・・良い思い出ですねw

 

 

とりあえず・・
こういった下半身系オナホを使う時には、自分の手を使って動かすのではなく、どこかに固定して自分の腰を振る方がリアリティが増し、気持ちよくなります。

 

 

また、その他に、腰振りオナニーをする時に使うラブドール(空気嫁)という物があります。

 

空気少女★宇佐羽えあ
空気少女★宇佐羽えあ

ちょっと視覚的にはイカツイ空気嫁(ラブドール)ですけどw

 

このラブドールが女の子座りしているのが可愛い・・かもです。
値段も安いし、買っちゃおうかな・・w

 

 

いわゆる空気嫁を使う・・
じゃなくて、空気嫁とセックスする時には腰振りは確実に必要になります。

 

これを使う時こそ、ほとんどセックスに近い感触を得る事ができますね。

 

ただし、利用するには空気を入れておいて、股間にセットする専用サイズのオナホールも必要になります。

 

家族と同居している人にとってはかなり難易度の高いグッズになりますので、こういうのを買う事ができるのは一人暮らしの特権なのかもしれませんね。

 

 

ちょっと視覚的なエロスはまだまだ少ない様には感じますけど・・w

 

是非腰振りオナニーに挑戦してみて下さい。