床オナニー 床オナ 仕方

床オナニーのリスクを軽減させる正しい床オナニーの仕方とは

こちらの床オナニーのやり方で解説した通り、強すぎる刺激には「膣内射精障害・チンコ裏面の傷付き」といったリスクが伴います。

 

そして一度、膣内射精障害になってしまうと、中々「治らない・治りにくい」と言われています。

 

それでも床オナが気持ち良いから続けたいんだけど・・病気になるのは怖いしなぁ・・
と、思われている人は是非、この記事を見てみて下さい。

 

こういった床オナのデメリットを克服する為の、床オナニーの仕方を解説していきます。

 

硬い床に擦り付けるのはやめて、布団・抱き枕などを使いましょう

床を使うのではなく、自分の布団・抱き枕を使ってチンコを擦りつけます。

 

大きさ・柔らかさ的には抱き枕が最適です。

 

抱き枕を抱いた状態で、反対側から自分の手を使って押し付けたり、上下に動かしたりしていきます。

 

自分の気持ち良いポイントを見付ける事によって、射精する事も十分にできます。

 

床オナに慣れてしまった人には、強さが物足りないかもしれませんが、この程度の柔らかみがある刺激が、一番身体には良いのではないでしょうか?

 

相性抜群で、リスク軽減できる。床オナ&オナホール

ぷにあなDX はーどエディション
ぷにあなDX はーどエディション

これは、オナホオナニーになってしまいますけどw

 

上の様なオナホを床に置いて、挿入しちゃいます。

 

チンコがオナホに包まれている事によって、チンコに体重をかけたり、押し付けたりしても感覚が和らいでくれます。

 

そして、前後にピストン運動をする事によって、挿入時の感触を存分に楽しむ事が出来ます。

 

ちなみに、圧が弱ければオナホ自体に体重を乗せていく事によって、刺激を強めたりする事も可能です。

 

直接、床に擦りつける床オナニーに比べると、刺激自体が優しくなっているので、床オナのデメリットを上手く軽減する事ができます。

 

この手のタイプのオナホールは色々な種類が用意されているので、硬さ・挿入位置など、自分に合ったものを探してみるのも良いでしょう。

 

擦る感覚はそのまま。床オナ&オナシート

オナシー
オナシー

意外にも知名度が低いオナシートを使う床オナニーの仕方がとっても気持ち良いんです。

 

やり方は超簡単で、オナシートを床に敷いて軽くローションを垂らし、後はいつもの様に擦りつけるだけです。

 

ローションを使って滑らす事によって、床オナ程は刺激は強くありません。

 

その為、膣内射精障害などのデメリットも軽減する事ができます。

 

ちなみに、ローションプレイが好きな人には特にお勧めできます。

 

自由度が高いオナシートを是非使ってみて下さい。

 

番外編!コンドームを使った床オナニーの仕方

パワーアップお買い得コンドーム
パワーアップお買い得コンドーム

これはコンドームを装着した状態で行う床オナニーの仕方です。

 

コンドームを装着しておくと何が良いのか?
と言うと、後処理がメチャクチャ楽になりますw

 

床オナニーでは、射精する場合床からチンコを離してティッシュなどに射精をする事がほとんどだと思います。

 

しかし、コンドームを装着しておく事によって、そのままの感触を楽しんだまま射精する事ができちゃいます。

 

疑似セックスと同じ様なオナニーだけあって、発射する時にわざわざティッシュを使うとテンションが下がっちゃいますよね?

 

そういった手間を解消してくれるのには、コンドームの使用がなんと言っても楽ちんです。

関連ページ

床オナニーのやり方とは
集えオナニスト!オナニーに関する総合情報サイトです。小道具を使ったり、持ち手を変えてみたりw普通のオナニーから、超気持ちが良いオナニーのやり方を解説。充実したオナニーライフに乾杯。
床オナニーの動画まとめ
集えオナニスト!オナニーに関する総合情報サイトです。小道具を使ったり、持ち手を変えてみたりw普通のオナニーから、超気持ちが良いオナニーのやり方を解説。充実したオナニーライフに乾杯。