危険なアルコールオナニー?そのやり方と方法について徹底解説

top_画像

こんにちは!

 

今回は「危険なアルコールオナニー?そのやり方と方法」について書いていきたいと思います。

 

アルコールオナニーとは危険なのでしょうか?また、どうやってやるのか?そして気持ち良いのでしょうか?

 

次に、詳しく見ていきましょー!

 

 

初めに、アルコールオナニーとは

top_画像

※アルコールオナニーは危険が伴うと報告されています。良い子の皆さんは真似をしないようにw

 

まず、このオナニーはアルコールを利用するので未成年の方々はご利用できません。ご注意ください!また、お車を運転される予定がある方もやらない方が無難ですよ。あくまでも全て自己責任でお願いします。

 

それでは次に、アルコールオナニーをする為に必要なグッズについて紹介していきます。

 

アルコールオナニーをするのに必要な物とは

アルコールオナニーをする際は「ローション&オナホール&アルコール」の3つが必要になります。

 

まずはこの三種の神器を揃えましょー!

 

アルコールについては、炭酸が入ったビールやハイボールなどではなく、普通のお酒や焼酎、ウイスキーなどが適しています。ただし、アルコール度数が高いものには注意が必要ですよ!

 

セブンティーン ボルドー
セブンティーン ボルドー

使用するオナホールはどういったものでもオッケー。使い捨てのホールでも大丈夫だし、何度も使用できるシリコン型や、高価な電動型でも使う事はできますよ。

 

Peaces(ピーシーズ)
Peaces(ピーシーズ)

ローションについては、どういったものでも大丈夫です。ただし、アルコールと混ぜるのであんまり刺激の強そうなローションは避けた方が無難かな?

 

では、準備が整った所で、次にアルコールオナニーのやり方について見ていきましょう。

 

アルコールオナニーのやり方・方法について

アルコールオナニーのやり方ですが、難しい事はなくとっても簡単です。

 

まずは、用意しておいたローションとアルコールを混ぜます。この時、アルコールの分量については多く入れないように注意しましょう。

 

そしてそのアルコールローションを使い、オナホールでのオナニーを行います。やり方としてはこんな感じで超簡単でしょ?

 

こうするだけであら不思議wいつもとは全然違う感覚になっているはず。

 

「あっ・・・なんかオチンチンが温かい・・・あっあっ熱い・・・溶けちゃう・・・ダメダメダメ。イッちゃうよ!!プギャーw」ってなってもおかしくありませんねw

 

アルコールオナニーの注意点とは

最新情報自動更新バナー
亀頭はむき出しとなっている部分なので、そこからアルコールを吸収していく事が考えられます。

 

その為、体にアルコールが回っていくので、お酒に弱い方などには注意が必要。冒頭で述べている通り、車に乗る予定のある方などはアルコールオナニーをしないほうが無難です。アルコールオナニーして、飲酒運転で逮捕されちゃったなんて最悪ですから・・・・

 

そして、使用するアルコールは焼酎・ウイスキー・ブランデーなどの炭酸を含まないものが適していますが、度数には注意しましょう。

 

オナホールを使ってピストンさせていくと、思った以上にアルコールが体に回ってしまう場合があります。アルコール度数が高いスピリタスなんかを使用すると「プギャー!」ってなってしまう可能性も秘めていますので、くれぐれも低い度数のお酒から試していく様にして下さいね。

 

また、尿道に入ってしまうと激痛を伴う可能性もあるので、その点も注意する事が必要っす。

 

終わりに

はい。という事で、危険なアルコールオナニー?そのやり方と方法について書いていきましたがいかがでしたでしょうか?

 

アルコールの利用はくれぐれも未成年の方は行わないで下さいね。そして、リスクのあるオナニーなので自己責任で無理はなさらぬように。他にももっと楽しいオナニー方法ありますからね!w

 

では、今回はこの辺りで。またお会いしましょー!